池高FAQ

学校生活

Q1、登下校時の服装の決まりはありますか?

 はい、あります。男子は詰襟で池田高校の校章入りのボタンを付けます。夏期はカッターシャツもしくはポロシャツです。女子は背広型のジャケット、夏期はブラウスもしくはポロシャツです。スラックスかスカートのどちらでも選択できます。

Q2、自転車通学はできますか?

 学校からおおよそ1.5㎞圏外に居住している生徒は自転車通学することができます。ただし、電車を使用し石橋阪大前駅を利用する場合は、駅から徒歩で登校するように指導しています。交通ルールを守って安全に登校してください。

Q3、学校に食堂はありますか?

 はい、あります。現在は新型コロナウイルスの感染対策で130席ほどにへらしていますが、通常はは200席ほどあり、毎日満席になるほど人気です。麺類や丼もの、カレーライスやオムライス、定食などさまざまなメニューが200円から400円程度で楽しむことができます。また小腹を満たしてくれる唐揚げ(130円)やポテトフライ(100円)はみんな大好きです。

Q4、図書室の施設はどのような感じですか?

 図書室は4階の高さにあり、窓辺から五月山が見えるとても眺めの良く、読書をするのに心地よい場所です。
また池田高校では毎日授業の前に10分間「朝読」という読書の時間を設けています。この時間の読書のために本を借りに来る生徒もたくさんいます。

勉強・進路

Q1、進学率はどのぐらいですか?国公立や関関同立にはどれぐらい進学していますか?

 就職は0人の年も多く、99%以上進学です。ここ2年間では、現役で国公立は80人ほど、関関同立には110人ほどが進学しています。

Q2、1年生のときから塾に入っておかないと勉強についていくのは難しいですか?

 やみくもに塾に入っても、学校と両立できなくなります。まずは授業や考査に取り組み、その上で必要なら考えてもよいでしょう。

Q3、文理選択はいつからあるのですか?

 1年生の秋に決定し、2年生から分かれます。

Q4、芸術系大学の進学を目指しているけど、普通科の池田高校では難しいですか?

 数は少ないですが、芸術系大学へ進学する人もいます。
 進学希望の生徒には、芸術科教員による実技試験対策講座を行っています。現役で芸術系大学へ進学も十分目指せます。

部活動

Q1、部活動はどれぐらいありますか?全員必ず部活に入らなければいけないのですか?

 運動部、文化部あわせて34の部活動・同好会が活動しています。
 入部は必ずしなければならないものではありませんが、現在96%の部活動加入率です。
 部活動を通して特技を伸ばしたり、違うクラスの生徒と交流を持つ機会にもなりますので、入学したらぜひ考えてみてください。

Q2、部活動の活動時間はどれぐらいですか?夏休みもずっと練習があるのですか?

 活動時間は部によってさまざまですが、平日は2時間程度、休日は4時間程度で集中して活動しています。公式戦がある部活動を除いては、テスト1週間前は部活動は休みになり勉強に専念をするようになっています。夏休みや冬休みも部活動によっては練習日程を組んでいますが、もちろん休息してもらう日や集中して勉強をしてもらう日もあります。

Q3、部員数が多すぎるから入部したくても抽選になってしまう部活動はありますか?

 池田高校では入部抽選をする部活動はありません。好きな部活に入部できます。
 兼部をしている生徒もいます。

学校行事・語学研修

Q1、文化祭や体育祭はどのような雰囲気ですか?どんな出し物をしてるのですか?

 自主・自律の校風に則り、生徒主体で運営・準備を行っています。
 文化祭(池田高校では承風祭と呼んでいます)はクラスや文化部で劇やステージ発表、ミニゲームコーナーや自主製作映画の上映などで盛り上がります。
 体育祭は学年混合で団を組み応援団を結成し学年を超えてお互いに応援しあいます。クラス全員が出場するリレーや大縄跳び対決で、学年・クラスに関係なく盛り上がります。

Q2、修学旅行はどんなところに行くのですか?

 いつもとは違った環境で様々な経験をし、新たな友達の輪を広げてもらいたいと、考えて行き先を選んでいます。
 これまでは沖縄を中心に北海道なども行先になっています。また昨年度はコロナ禍の影響で北陸へ行先を変更して実施しました。

Q3、語学研修はありますか?

 毎年夏に姉妹校があるオーストラリアのアデレードに行きます。希望者が多いため選抜を行い30名ほどが参加しています。英語力の向上だけでなく、コミュニケーションそのものや異文化理解の大切さを学んで帰ってきます。ここ2年間はコロナ禍の影響で中止しています。

授業

Q1、授業でインターネットをみるのにスマホを使ったりしますか?

 大阪府では一人1台端末が貸与され、それを利用してもらうので、授業中にインターネットを活用して調べ学習をする際には個人の端末を使う必要はありません。
 またこの端末は学校休業の際にはweb配信を利用したオンライン授業にも利用してもらえます。

Q2、予習復習はどれぐらい必要ですか?

 平日で2時間程度割いてほしいと思っています。学校の授業だけでなく、自分で考えて計画的に学習を進めてください。予習復習をすることで授業の理解度も高まります。生徒のみなさんが主体的に、毎日勉強するリズムを整えてほしいと思っています。

Q3、夏期講習や補習などはありますか?

 補習は各教科で必要に応じて実施しています。また、授業前や放課後に利用できる自習スペースでは先生がホワイトボードを使って、個別の質問に対応してくれます。
 夏期講習や冬期講習も開催しているので、希望生徒は受講することができます。