本年度第3回教員研修を実施しました

 平成30年2月15日に今年度第3回教員研修を実施しました。教科指導研究委員会では今年度既に2回研修を実施していますが、どちらも大学から講師を招聘しての研修でした。今回は教科指導研究委員長が10月に行った北海道視察に基づき、以下の3つを目的に行いました。

1.教育活動の基盤は何かを考えるきっかけ-池高版重要概念(案)作成を通して
2.IB(国際バカロレア)を学ぶ TeachingからLearningへ-池高型ALを再認識  
3.教科を超えて-カリキュラムマネジメントの一歩

 学年末考査前の多忙な時期にも関わらず多くの教員が参加しました。またこの研修を企画・実行するに当たり、委員会メンバーの協力があり、委員会活動としても主体的な取り組みができて、実施した意義は大いにあったと思います。