他校の授業見学の報告会を行いました

11月26日(木)に授業力向上のための研修会が行われました。 池田高校では、工夫を凝らした実践を行っている他校の授業を見学し、それを取り入れてより良い授業を作る取り組みを行っています。今年度は10・11月に広島県立廿日市高等学校、東京都立両国高等学校に授業見学に行きました。見学した授業はいずれも、いわゆるアクティブラーニングを取り入れた授業です。その中で、多くのことを学んで来ました。その成果を学校全体で共有することを目的に研修会を行いました。
その中で、各学校の特徴ある授業が紹介されました。アクティブラーニングと一口に言っても、本当に多様な授業形態や様々な工夫があり、それらのバックボーンとなる授業に対する考え方があります。研修会では各校で撮らせていただいた授業のビデオを写したり、生徒のアクティブ(能動的・積極的)な学びを促す実践の模擬授業を行いました。これらの手段を駆使して、生徒が主体的に考え、動く、まさにアクティブな授業の様子やその中での生徒の圧倒的な活動量に受けた衝撃や感動を伝えるよう試みました。また、そのようなアクティビティと同時に基本的な知識をきちんと定着させる場面も必要であり、それらをどのように両立させ授業改善を図っていくのか、そのような課題も確認しました。
 このように、我々教員も学ぶ機会を積極的に持ち、新しい授業方法にも果敢にチャレンジすることを通して、池高生により質の高い教育を提供し続けたい、そのような思いを新たに研修会を終えました。
                       文責  教科指導研究委員会 宮崎 剛
jugyosyoukai.jpg mogijugyou.jpg