キャリアガイダンス

目標

実施学年 (年次)

1 学年(年次)

単位数

1 単位

目標 ねらい〔実施学年〕

(学習指導要領に示されたねらいを踏まえ、学年として特に重視する点を記入すること) 自分を見つめ、将来の進路実現の意欲を醸成するために、仕事・職業や学問研究について学び、考え、調査研究のための方法を身につけ、発表・討論・課題を通してコミュニケーション能力を高める。

担当教員・ 指導形態

第一学年担任・学年団、進路指導部 以下の3点を学ぶことで、将来の自分の生き方、あり方を考える契機とし、高等学校での 学習の意味を自覚させる。
  1. 高等学校での学習方法を学び、将来の自己の進路開拓に向けての考察。
  2. 社会人、卒業生からの聞き取り。
  3. 大学訪問・大学フェスタ参加を通して、学問研究を理解し、講座を体験する。

外部講師等

本校卒業生・社会人など、複数回外部講師を依頼する。

学習活動

テーマ

(学習活動の統一したテーマを記入すること) キャリア・デザイン

4月

・オリエンテーション(「キャリア・デザイン」とは) ・「進路適性検査」実施および検証

5月

・人権講話 ・卒業生の進路実績理解

6月

・進路講話 ・国際理解教養講座

7月

・大学の基礎理解

8月

・大学フェアへの参加

9月

・大学オープンキャンパス参加 ・社会人講話への準備・調査 ・社会人講話

10月

・2学年次科目選択にむけて(説明会) ・2学年次科目選択(懇談・自己決定)

11月

・大学見学会への準備・調査

12月

・大学見学会

1月

・一年間の活動の自己検証 ・2学年に向けて

2月

・キャリア教育総括アンケート

3月